So-net無料ブログ作成

ミッドナイトエンデューロ in 岡山国際サーキット(レース前半編) [レースレポ [自転車]]

期待させた前振りしてるけど、4時間もレースしていると記憶が飛びまくっているので、超適当な展開をご了承ください

いざ出発!
スタートは前から2~3列目くらい。
合図と共にローリングスタート 
スタートラインを越えると一気にペースが上がる。

前半は抑えてって作戦だったけど、やっぱりムリ(笑)!

周りには同じソロのゼッケンが見えるので、マイペース作戦でいきなり置いていかれてはマズイ[たらーっ(汗)]
先頭が見える20~30番手くらいまでに順位を上げる。

<1周目>
タイムは・・・ラップ取るの忘れた
感覚的には去年並みなので5分くらいかな?

<2周目>
先頭集団の中ほどで様子見。タイムは・・・・またラップ取るの忘れた

<3周目>
もうコース上には周回遅れの選手多数。このあたりを走行しているのはド素人なので、突然の斜行とか思いがけないことがある。抜くときには十分注意が必要!
少し前方に目を向けるとB-ageingワークスチームで出ているJINさんの姿も見える。

手元の時計で15分30秒位・・・去年より30秒以上速い・・・速すぎる・・・やっちまったなぁ

もう「前半抑えて・・・」とか、「自分のペースで・・・」なんてムリ!!
ただ、ソロの選手が何人も残っているのでまだ列車から離脱するわけにもいかない。
こうなったらイケるとこまでいくしかないな。 前半突っ込み作戦に変更!

今回は調子がいいのか集団のペースがキツイと感じない。
前を牽くのはチーム参加の選手とペースメーカー役の環太平洋大学の自転車部の選手達。
も集団前方にいるので、ときどき先頭交代の順番が廻ってきたときには前を牽く。
交代のついでに後ろに下がって集団のメンツを確認してみるが、まだライバルは残っている様子。
しかも優勝候補とマークしている選手が残っているので、なおさら集団から千切れるわけにいかない。

<1時間経過>
順位は・・・なんと4時間の部でチーム、ソロ合わせて総合1位!!!
平均速度は42.41Km/h

まぁ、コース上にいる本人はその状況を全く知らないわけですが・・(笑)
むしろ、周回遅れの選手を抜くたびに集団が崩れるので、そのタイミングですでに逃げた選手がいるんじゃないかと心配していたくらい。

<1時間半経過>
集団内の展開は大きく変わらず流れに乗って淡々と周回を重ねている。
集団の構成人員はチームの人がほとんどなので入れ替わりがあるのだろうけど、そんなに大きく人数が減った気がしない。20人くらいで特急列車は進んでいく。
まだ集団の中に留まることに苦痛は感じないけど、登りでダンシングしないと離れそうになってしまうので徐々に疲れが出てきたのだろうか?

<もうすぐ2時間>
途中マークしていた選手が両足を攣った仕草をしていて、いつの間にか視界から見えなくなったので、ちょっと優勝が近づいたような気がした。
ただ、かなり周回を重ねてコース上には選手が入り乱れ、自分が本当に先頭集団にいるのか?あるいは何人か逃げている選手がいるのか状況が掴めなくなってる。

4時間のうち、まだ半分・・・さすがに40Km/h以上のハイペースで走行し続けるのは疲れる。
ストレートや登りで踏み込んで追いつく状況が増えて、登りの半分くらいはダンシング。
そんな状態でローテーションで先頭交代が回ってきた。

先頭に出たとたん右太腿がピキピキピキ!!!・・・ヤバイ攣り始めた・・・
騙し騙しで1周走行したけど、そろそろ危険な状態になり、あわててPowerBarを補給。
しかし、時すでに遅しimage0012.gif
痙攣がひどくなって回復のためにペースを緩めたことで、ホームストレート前の登りで集団から千切れてしまった・・・
追いつこうと頑張ったものの徐々にその差は開いていく・・・

アカン・・・気持ちが切れた・・・(←このとき既にハンガーノックに陥っていたと思う。)
どんどん先頭が遠ざかり追いつく気力もなくなってしまったとき、事件は起きた

裏のストレートでボトルを取ろうとしたとき、なんとボトルが手につかず、コース上にポロっ・・・

あっ!と思って振り返ったけど、すぐ後ろには選手が何人かいて急に止まれないし、スピードが乗っていたのでかなり落下地点から進んでしまい、取りに戻れず・・・

やば~
たぶんマーシャルが拾ってくれるだろう・・・
明るい場所だから見えているだろうし誰も踏むなよ~

そう祈って1周回ってボトルを取りに戻ることにした。
でもこの1周、落としたボトルが気になって気になってしょうがない。
やっぱり拾いに戻れば良かった・・・・
マーシャルが気付いてすぐに退かしてくれてないかなぁ・・

で、1周走り終えて落下地点に戻ってみるとあったぁぁぁ!!!
あわてて自転車を下りて回収。
ボトルを踏んで事故った形跡なし。

よかった~

バックストレートで転がったボトル見てヒヤっとした方、スイマセンでした

こんなアクシデントもあってますます集中力は[バッド(下向き矢印)]
しかもハンガーノックも重なり、一気にスローダウン。
さっきまで40Km/hの高速列車に乗っていたのが嘘のよう、30Km/hを維持するのも困難になって1周が7分台くらいでフラフラ周回をこなす。

<2時間経過> 22周(タイム1:59’58”339 平均速度40.73Km/h)
総合1位はチームに譲ったものの、ソロでは2位以下に2LAP以上差をつけてのトップを維持。(本人はこの時点でも全く経過を知らず。)

しかし、ここからの1時間は地獄の時間帯だった・・・

ハンガーノックで周りのペースに付いていけず単独走行の時間が長くなる。
当然、右からバシバシ速い選手に抜かれるけど、後ろに付くこともできずに見送るだけ

ソロの選手にも何人にも抜かれたし、もう入賞は無理だろう。

オワター\(^o^)/ みごとなタレっぷり(笑)

4時間ソロを気持ちを切らさずに完走した、やむさんやデッキンクさん、YOUさんを見直しました。

とりあえず、残り2時間踏ん張るしかないな・・・

レース後半編に続く・・・


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 2

papa

律儀にボトル拾ったのね・・・ワシならそんな余裕無いわ、下りた途端に終~了~やわ(^^;)
by papa (2010-07-28 10:44) 

グルペットクライマー

papaさん

もしだれか踏んで落車してたらどないしよ(汗

・・・って考えて全然走りに集中できませんでした。
by グルペットクライマー (2010-07-28 23:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。